トップページ健康補助食品 > ブルーヘスペロン・キンダイ

ブルーヘスペロン・キンダイ

画像:松康泉

■270粒 (3,429円/税別)

目お肌の健康を保つビタミンC・β-カロチン配合の柑橘加工食品近畿大学薬学部薬用資源学研究室が青・温州ミカン(初夏の青い時期の温州ミカン)から研究開発し、花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、じんま疹などのアレルギー性疾患にすばらしい効果のあることを発見しました。初夏のミカンに含まれるポリフェノールのヘスペリジンとナリルチンという成分が健康を保つためにがんばってくれます。(アファーマ近大より発売)

名称 柑橘類加工食品
内容量 270粒
原材料名 温州ミカン(和歌山県産)、麦芽糖、ビタミンC、ステアリン酸Mg、ビタミンE、ビタミンA
栄養成分 ■9粒あたり
  • 熱量 【7.66Kcal】
  • たんぱく質 【0.14g】
  • 脂質 【0.01g】
  • 糖質 【0.93g】
  • 食物繊維 【0.81g】
  • ナトリウム 【0.11g】
  • ビタミンC 【35.7mg】
  • ビタミンE 【3.3mg】
  • ビタミンA 【239μg】
保存方法 高温多湿・直射日光を避け、できるだけ涼しいところに保存してください。
発売元 株式会社ア・ファーマ近大KN
和歌山県有田郡湯浅町湯浅2355-2
発売者 株式会社アライアンス
〒812-0007 福岡市博多区東比恵3-24-34
TEL : 092-477-7061

温州青ミカンとは

ミカンの花が終わった7月の緑色の小さな果実のもの。 通常は黄色く熟した12月頃に収穫する。

青ミカン、このような方に!

画像:温州青ミカン
花粉症が楽になる
花粉症の人が、青ミカンの乾燥品1回0.5〜2グラムを飲むと花粉症が楽になり、飲んでいる期間中は大変楽であるとの結果がでています。アレルゲンとなる花粉が飛散している期間中は特に飲んでおいた方がよいでしょう。毎年2〜4月に花粉症を発症すると分かっている人は、1月頃から飲みはじめた方がよろしいです。朝に花粉症の起こる人は、目覚めた直後に青ミカンをお飲みください。
気管支喘息の治療の手助けに
気管支喘息は、アレルゲンが気管支に入り、そこでアレルギー反応が起こり、ヒューヒューゼイゼイという呼吸困難の発作を起こします。その苦しい症状は、気管支にアレルゲンをそれ以上入れないよう気管支を狭くして、粘液を多量に分泌してアレルゲンを薄めて呼気を出そうとする反応です。病院や薬局での治療を受けつつ青ミカンをお飲みください。楽になると好評です。
じんましん疹のかゆみを早く楽に
じんま疹は、かゆみを伴う一過性の皮膚紅斑と膨疹です。じんま疹が起きそうなときは、すぐに青ミカンをお飲みください。少し多目の1〜2グラムでもよいかと思います。毎日、発疹が出る人は継続してお飲みください。
アトピー性皮膚炎の手助けに
イメージ画像 アトピー性皮膚炎のかゆみには かゆみは青ミカンで楽になるといわれています。1回0.5グラムが目安ですが、それでかゆみが楽にならなければ2グラムまで増量してください。夜中にかゆみのある人は就寝前にも1回分をお飲みください。
長期にステロイドホルモン剤の塗布や内服をしておられる方は、急に中止するとリバウンド現象が起こることがありますので、医師や薬剤師の治療を受けつつ、補助の目的で青ミカンをお飲みください。
肌荒れやかゆみも楽に
ドライスキンに悩む若者も増えておりますし、中高年になると皮膚が乾燥して、かゆみをもたらすことが多くなり、いろいろな保湿剤を塗擦したり、かゆみ止めのおくすりを服用しても治りにくいのです。青ミカンを飲み始めるとかゆみが次第に楽になり、肌もスベスベしてきます。

効能・効果

有効成分 効能・効果
ヘスペリジンナリルチン
  • 毛細血管の強化
  • 血圧上昇抑制
  • 血中中性脂肪の分解
  • ビタミンCの安定化

フラボノイド誘導体含有率

分析項目 含有率
ヘスペリジン 7.85%
ナリルチン 1.93%